あなたのペンをピカピカに

お手持ちの古い万年筆やペンを独自のノウハウで磨きに磨き、ぴかぴかにしてお返しいたします。

引出しの奥や物置にまだ壊れてないのに放置したままの高級筆記具が眠っていませんか?。しっかり磨けばまた愛着を持って使えるかもしれません。

自分のペンや頼まれたペンたちをあれこれたくさん磨いているうちに、荒研磨から最終の光沢鏡面仕上げまで、独自に多くのノウハウを積み重ねてきました。最終仕上げに使う三つのマル秘材料が、その光沢の理由です。すべて手作業でじっくり丁寧に仕上げるのがモットーです。

 

※万年筆のペン先の研磨や修理、部品交換等はできません。ボディやキャップ、クリップのピカピカ磨き専門です。

写真をツイッター、メールにてお送りください。見積もりさせていただきます。申し訳ありませんが送付の際の郵送料はご負担ください。こちらからお返しする際の送料は無料とさせていただきます。(ツイッター/たけじゅん@螺鈿&漆)(ラインID/jet3plus)

 ※スマホの方、他ページへは右上の四角い枠のボタンをタッチしてください