あなたの愛用のペンやグリップを漆多層塗り仕上げに…

これはぺんてるのシャープペン「P207」を黒漆塗装したものです(左が塗装前)。もちろん他の筆記具にも可能です。筆記具はグリップの感触次第で書き心地が格段に変わります。漆塗り加工は金属の硬い感触でもなく、樹脂の軽い肌触りでも無く、適度な湿度でもってひったりとあなたの書き心地をフォローします。加工を希望するグリップを郵送してください。多層塗りで仕上げてお届けします。漆ならではのしっとり感、ひったり指に吸い付く書き心地をお楽しみください。


 ←上が加工前、下が完成品です。研磨のうえ漆を塗り重ねます。価格はお見積もりさせていただきます。塗装と乾燥を何度も繰り返すため、納品まで数週間の猶予をください。研磨せずの塗布も可能です。送付先はこちら

グリップの螺鈿加工も可能です。左は愛用のグリップに螺鈿を埋め込んでみました。厚塗りの黒漆が指にひったりと馴染みます。下記は愛用の万年筆のボディの螺鈿加工を承りました。ご相談いただければお見積もりさせていただきます。

P205を完全黒塗りしてみました。フィット感と書きやすさは我が筆記具史上、最上です。

その他、様々なご要望等、お応えできます。ご要望、ご質問等ありましたらご注文ページよりお問い合わせメールをください。